>

スマホ修理のコツとは

この記事をシェアする

iPhoneのシェア率とは

スマートフォンと言えば、日本ではiPhoneとアンドロイドの種類に大別される。iPhoneはスマホ所有者の代替40%、アンドロイドは60%となっている。このように、アンドロイドにじわじわと追い込まれているiPhoneだが、日本にスマホが上陸したのは2012年ごろとされている。そこからわずか7年ほどで、スマホの普及率は50%を超えているのである。いまや、ほとんどの国民がスマホを所持しているか、スマホを操作したことはあるはずで、その使用方法を一通り理解していると考えられる。
また、日本国内では、ソフトバンク、ドコモ、auの3社がiPhoneを販売している。それらの違いは、例えば分割払いの値段と回数であったり、提携を結んでいるカードとの連携の有無だったりする。

アンドロイドとは

iPhoneはApple社が開発したスマホであるが、一方でアンドロイドはGoogleが開発したスマホである。そのアンドロイドを、ソニーはXperia(エクスペリア)と言う名前で発売しているというわけだ。また、シャープはAQUOS(アクオス)、サムスンはGALAXY(ギャラクシー)と言う名称で同様のものを販売している。よって、これらのアンドロイドは全て似た作りであるが、iPhoneとは明確に異なるということになる。
近年、国内での普及率はアンドロイドの方がiPhoneを上回っているが、数年前までは逆だった。そのため、スマホケースやアプリの充実さはiPhoneの方が上回っている。アンドロイドはその点、そもそも種類としては豊富で比較的安価ではあるが、まだまだiPhoneに較べれば互換性にはすぐれず、使いづらい部分も多いのが現状だ。


トップへ