スマホを修理に出すならここ

スマホが壊れたらどこへ修理に出すのが良い?

スマホ修理のコツとは

現在、日本でもスマートフォンの普及は目覚ましい。総務省のデータによると、2016年には保有率が56%を超え、20代・30代では90%以上の普及率となっている。しかも、これはあくまでも個人保有率の推移であるため、職場から貸与されている例や、1人が複数台を保有している例を含めればそれ以上となるだろう。

スマホ修理の流れとは

iPhone、アンドロイド共に、もちろん公式な修理の流れが存在する。ほかにも多種多様な修理の流れも存在するし、そもそもスマホの壊れ方の種類によって、修理方法も違うことだろう。このページでは、会社が公式に用意している修理の流れから検討していく。

正規以外の安値修理

スマホを製作・販売している業者以外にも、大都市を中心にたくさんのスマホ修理サービスを行う会社が存在する。こうしたサービスの一般的な流れと予算、そしてどの程度信頼できるのかを比較していく。また、正規サービスとのメリットデメリットの比較を行っていく。

スマートフォン修理の流れとは

現在、スマートフォンの普及は目覚ましく、全国でもゆうに半分以上の人間がスマートフォンを所持している。特に若者では普及率が9割を超えるというので驚きだ。主だった種類としてiPhoneとアンドロイドが存在するが、どちらも壊れた場合は正式な修理サービスをもっている。
スマートフォンと言うのは、それまでの折り畳み式携帯電話、通称ガラケーよりもはるかに壊れやすいものだ。特に、落とすことで画面が破損する。また、防水技術が発展するにつれて、風呂やサウナといった水回りや湿度の高いところへスマホを持ち込む例があり、水没やそれに類する事故もよく発生するようになった。こうした破損に対して、どのような手段で修理を申し込むのが最も良いのだろうか。
もちろん、最も一般的なのが、スマホを販売している会社に問い合わせて、正規の修理サービスを受けることである。しかし、例えばAppleは日本企業ではないため、直営店を通して修理を申し込んだ場合、修理完了までかなりの長い時間がかかることが予測される。
スマホは当然、毎日私的・公的に様々な用途で使う物である。1日でも修理のために預けるのは不便でならないだろう。こうして、大規模な駅の駅前には非正規の修理サービスを提供する多くの店が存在するようになったのだ。もっとも、これらの店は全て非正規。実際にここで修理してもらったところで、そこで発生した事故やミスは、どの程度責任を持ってもらえるかわからないのだ。正規・非正規それぞれの修理サービスのメリットとデメリットを考える。

おすすめリンク

雛人形修理をしにくい理由

雛人形修理は実はどこでも受け付けてくれるわけではありません。それは何故か。理由についてご紹介します。

トップへ